【↓】
[2023-04-11] [PR]

[サイクロン] ユメカウツツカ 早川希美 編 (同人漫画)

ユメカウツツカ 早川希美 編(サイクロン)
配信開始日 2023/02/24
ページ数 103ページ

本作は「ユメカウツツカ」シリーズですが単体でもお楽しみいただけます

■ストーリー

親の離婚によりアパートに越してきた「早川 希美(はやかわのぞみ)」
ぼうっとした雰囲気で地味な見た目だが、テニス部では全国大会出場を果たすほどの選手でもある彼女の悩みは、勉強と部活の両立。

部に注ぐ時間が日々増えていく一方で、勉強の成績は少しずつ下がっていた。

そんななか、越した先のアパート隣室に住んでいる男が、自分は教師だからと、あいている時間を使って希美の勉強を見てくれる事になった。

男は教職ということ以外にも、テニス部を受け持っている経験なども相まって早川母娘と打ち解け、勉強を見てもらう機会も徐々に増えていく。

そしてある日。
休日出勤で母が仕事へ行き、希美と男2人っきりになった時。
男は相談に乗る流れで、希美に集中力を高める勉強法を提案する。

渡されたノートPCに映し出されているのは「催〇導入ビデオ」。

そうとも知らずに希美は映像を見続け……

そこから明らかになっていく、希美の体質、カラダのこと。
男は希美を自分の理想のオナホに仕立て上げるため、行動をはじめた。

■キャラクター紹介

・早川 希美(はやかわのぞみ)
ぼうっとした雰囲気と真顔の時が多く、性格は大人しい。引っ込み思案。
スポーツ万能タイプでは決してないが、類まれな集中力があり、テニス部ではその才覚を発揮。
ペア相手の親友と補い合う事で全国大会出場を果たすほどの実力を発揮している。
一方で、親友の天性の才能についていけるのかという不安を常に抱え、それが勉強と部活の両立に影響を与えてしまっている。
徐々に下がり始めている成績はまだ致命的ではないものの、この先さらに練習が必要な事を考えると、藁にもすがる思いで「効率的な勉強方法」にとびついてしまった。

・隣室のおじさん(三嶋)
催〇を駆使し、数々の女をオナホとして利用してきた悪人。
早川母娘が隣に越してきた時から狙いを定め、ターゲットを希美に絞ってからは虎視眈々と催〇をかける機会をうかがう。
希美への催〇が成功してからは、色々な面で希美に影響を受け、自身のオナホ造りにアップデートが必要と認識するようになる。

■収録内容
全編フルカラーコミック
JPG版(台詞あり) 103枚
JPG版(台詞なし) 103枚
PDF版(台詞あり) 103ページ

ユメカウツツカ 早川希美 編(サイクロン)


ユメカウツツカ 早川希美 編(サイクロン)


ユメカウツツカ 早川希美 編(サイクロン)


ユメカウツツカ 早川希美 編(サイクロン)


ユメカウツツカ 早川希美 編(サイクロン)


ユメカウツツカ 早川希美 編(サイクロン)

詳細を見る → ユメカウツツカ 早川希美 編

▲もう一度最初から見る

関連記事
  • [サイクロン] ユメカウツツカ 早川希美 編 (同人漫画)
一覧『サイクロン
ジャンル:女子学生催眠
サークル:サイクロン
【↑】 [ 2023/04/11 ]




| ホーム |
【↑】